【未】ラ・ローズ・エ・ル穴男 12B(鳳来)

2019/12/1(Sun)
【烏帽子岩】
『ラ・ローズ・エ・ル穴男★★★★』(5.12B)×(MOSトライ)
『新穴男★』(5.12A)××(通算2便)

要注意!ムーブの記載あり



先週に引き続いて土日で鳳来でした。
今回は、勲、さいとーさん、ダーファーの4人で🚙

土曜日はパラダイス。
日曜日はお初の烏帽子岩へ行ってきました。
さいとーさんとダーファーは、引き続きひょうたん岩。

烏帽子岩のトポを見ると、★★★★!のラローズエル穴男というのがあって、めちゃくちゃ気になる!ってことで勲とアドベンチャーしてきました。
Blogで検索してもアプローチのことはあまり記載がなくて、鳳来の主?であるおかあちゃんにメッセンジャーで聞いてトライしました。
しゃくなげ街道から急登で10分ぐらいで分岐でそこから左の方にいくと・・・そこから慣れたら15分ぐらいで烏帽子岩の取り付きに辿り着きます。
取り付きに出るまでにちょっとしたスラブがあるんだけども、ここに汚いFIXがあるのでそれを使っても良いけど・・・自分たちは事前情報があったのでロープを2本持って行って、1本をFIXとして懸垂下降と帰りはユマール用に置いておきました。

鳳来湖のキャンプ場へ行く方面の途中にあるしゃくなげコースの入り口。
ここから入っていきます。


取り付きへのスラブへ行く途中。
鳳来湖が綺麗です。


スラブ下降地点から烏帽子岩のメインウォール(手前)と奥のマッシュルーム!


スラブ~。
これは帰りの登ってる時の写真だけど斜め懸垂をしないといけないから慣れてないと怖い。。。
フリーソロでいけなくもないけどFIXで懸垂&ユマールした方が安全です。


これも帰りのスラブの最後。
FIXロープをゴボウでも良いけど今回は自分はクリックアップで。
勲はグリグリであがりました。

降下は、勲はATC。自分はクリップアップです。


烏帽子岩のメインウォールです。
ここに至るまでで充分にアドベンチャーしましたがお目当ての穴男に挨拶をしてきました。
写真を3分割をして一番左が5つのルートが設定されています。
右2つのところにもボルトは乱立しているけどプロジェクトなのかなぁ?🤔

メインウォールを見ると・・・ボルトが乱立していて最初は全然どのルートか分からなかった😱
ググッてみてようやく判明してトライしました。

自分がMOSトライでしたが・・・最初の小核心のルーフの乗越しでテンション・・。
そこからテンテンになりながら、上部の分岐から右トラバースの途中まで。
4B目までは、ラローズエル穴男12Bと逆襲の穴男12D/13A、新穴男12Aと共通です。
5B目のクリップを右側のにしてからトラバースをして2クリップをして直登するのがラローズエル穴男。
5B目のクリップを直登気味のボルトにして、6Bをクリップしてから右にトラバースをしてラローズエル穴男の最終クリップと終了点に合流するのが新穴男12A。
6B目をクリップをしてずっと直登していくのが逆襲の穴男12D/13Aです。

なお、3B目から左にトラバースをしていくラインも2本あります。

ラローズエル穴男のスタートの右側にもたくさんボルトが打ってありますが、トポにはプロジェクトと書いてあります🤔


赤数字のラインがラローズエル穴男
青数字のラインが新穴男
黄緑数字のラインが穴男の逆襲(7のBが最終クリップかは未確認)
紫の×は終了点です。


4B目でテンション中の勲。
快晴で暑かった~。



岩の左半分が設定されている岩です。
ちょうど黒くなっている部分のすぐ右下に1B目のボルトがあります。


自分の1便目は結局、トラバースのムーブができずにロワーダウンをしました。
勲も2便出すもあと少しのところでトラバースができずに敗退でした・・・。
足が乏しい上にポケットを3~4つ繋いでいくルートでなかなかハードな内容でしたが楽しかった🤩

自分は1便出してポケットが怖かったので新穴男にシフトしてトライをしました🙌

今回はきのこ12Aが設定されている奥の方には行かずでした。
そこには12Aと11ABが2本あるようですが岩が脆いとのことだったのでトライはしないかな~


午後17時過ぎ。
駐車スペースはしゃくなげコースのすぐ手前にあります。
釣りの人の車が停まっていることもありますが、その場合は、前後少し歩いたところにちょっとしたスペースがありました。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください