彼方へ 12A(鳳来) 2Days

2019/11/24(Sun)
【パラダイスロック】
『花鳥山水★★』(5.11B) ×(MOSトライ)
『彼方へ★★★』(5.12A)××××(通算4便)
『レインマン★★』(5.12B)×(FLトライ)
『花鳥山水★★』(5.11B) ×(2便目)

2019/11/30(Sat)
【パラダイスロック】
『彼方へ★★★』(5.12A)×RP(通算6便目)
『レインマン★★』(5.12B)××(通算3便)

要注意!ムーブの記載あり



先週に引き続いて土日で鳳来でした。
今回は、勲、さいとーさん、ダーファーの4人で🚙
さいとーさんとダーファーは、ひょうたん岩。
自分と勲はパラダイスへ。
今回も事故渋滞のせいで岩場についたのが12時ぐらいになってしまった・・・😰

先週よりはグっと肌寒くなっていました😔
というか先週が暖か過ぎたようです。
先週はTシャツで大丈夫でしたがこの日はTシャツと薄手の長袖を着てのクライミング。

勲がアップでレインマンのヌン掛け便。
自分もアップで彼方へをトライ。
幸いにも先週の土曜日にご一緒したパーティーさんがヌンチャクをすでにセットされていたのでお借りしちゃいました。
岩のフリクションが良い代わりに岩が少し冷たくて指先の感覚がなくなっていきます。。。
マグマを入れていったけど自分の中のあと1手で終わる、右手デッドが位置が微妙にずれてフォール・・・。
残念😱

勲の2便目のトライの後に自分も2便目。
今度は、右手デッドが止まってそのまま、RPできました~🙌
1便目では指先が冷たくなっていたけど今度は、その1便のお陰か指が温まっていたようです。


1B目をピトンのを入れると全部で8B。
ピトンを入れないと7Bです。
今回のヌンチャクはピトンなしでした。
自分が先週の日曜日にマスタートライをしたときは、ピトンの上のボルトがグルグル回っていたので怖くて、ピトンにもヌンチャクをセットをして2B目は屈曲する部分なので60㎝ぐらいのスリングヌンチャクをセットしました。
2~3B目は難しくないセクションなので長めのスリングヌンチャクでOKかと思います。
1(ピトン)B~5B目まではガバを繋いでいくだけなので難しくはなく、5B目で少しレストをしてからポケットやカチを繋いでルーフ下までいきます。ここが少しだけ疲れる場所。
6B目のクリップは2通りあって、左下ガバポケットでクリップするか、次の右上の2本指ポケットでクリップするか・・・。
自分は最終的には右手の2本指ポケットでクリップをしました。
ここで少し息を整えてから核心に入っていきます。
自分の場合は、6手(8手までいけば安心)🙌
7B目はルーフ下から掛けるのではなくてルーフを越えたところでクリップしました。
ルーフを越えるセクションは、一般的?には右上して抜けていくとのことでしたが、自分は先週の1便目ではそれが解決できずに、直登ラインでムーブを作りました。
ルーフの最初のV字の割れ目を最初に右手で抑えて、クロスで左手でV字の右側上の方をしっかりと親指を掛けてから、右手をだれてるスローパー、左手をかかりの良い下引き。
ここでクリップ。
ここから、8B目の直下の右側が少しガス気味に抑えると止まるホールドへ、左足一本でデッドです。
それが止まればあとは落ち着いて、左の方にある大ガバを取りにいってこれが取れればたぶん上部は落ちないかな?!🤔

文章におこしてもトライをしたことがない人が見てもさっぱりだとは思いますが・・・。
彼方へは、パラダイスで一番見栄えのするラインで登れて良かったです!👌
内容もレインマンに比べても面白いと思います!🤩
悔やまれるのは先週の2便目で登れた内容だったかな~と。

フリクションがないとルーフ直後のムーブがなかなか厳しい!!😱

ルーフからの右抜けラインは、右足ヒールフックがポイントだったようで、それは思いつかなかった~・・・😂

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください