FIRST12A(鳳来) 3Days

2015/6/6(Sat)
鳳来
【鬼石】
『卒業★★』(5.12B)  アップでヌンチャク掛け
『FIRST★』(5.12A) ×(通算5便目)
『FIRST★』(5.12A) ○(通算6便目、RP)
『ALLER★★★』(5.12C) ×(FLトライ、トップアウトできず)

要注意!ムーブの記載あり
鳳来へ。
金曜日、雨、朝も雨でしたが、駐車場についたときには晴れ間が~。
アプローチもだいぶ慣れてきました。
この日は、雨予報だったためか、終始、空いていましたが、岩場のフリクションは凄く良かったです。

この日は、けいたと2人で。現地で、Sさんパーティーと合流。
Sさんの卒業RPのために、アップでヌン掛け。3テンでトップアウト。フリクションは凄く良かった~。

Sさんが自分のためにFIRSTのヌン掛けをしてくれました。こちらは、若干、濡れていたようですが、自分がトライするときには、乾いていました。
1便目は11時30分ぐらい。最後の核心で、テンション。
ちょっとムーブ修正。

2便目、13時30分過ぎ。あまり余裕はなかったけど、RPできました。
通算6便目・・・これも内容的に考えれば、ちょっとかかってしまったかなぁ~と。

フェイトよりは、難しいと思いました。
ノースマウンテンよりは、簡単かな?ちょっと毛色が違うので単純な比較は出来ないのですが。

FIRST
終了点直下の核心。
強い人は、右手の中継を使わずに、左手でランジでリップが止めれると思います。
自分もテンションした後だとランジで止めることができましたが、繋げると、距離は出るけど、止めることができませんでした。
※先週の2便目、3便目

この中継のムーブをOSトライ失敗のときにちゃんとやっていれば、もっと早い便数で登れた可能性はあります。
OSトライのときは、このムーブが厳しい(キョン気味というのもあります)と感じたため、ランジのムーブに早々と変更しました。

もう1つの核心としては、大レストポイントからの1クリップした後かな?
左手が微妙に悪いのと、それを左手で取りにいくときに右手のアンダーポケット(2本指)を見つけれるがポイント。
良く見れば、すぐに分かるんだけど、OSトライのときで余裕がないと、見つけれないかもしれません。
また上部の核心部分も、左手アンダーポケットも余裕がないと見つけれないかも~。余裕がないと視野が極端に狭くなりますからね。。。
テンションを掛けた後では、普通にすぐに見つけれる顕著なホールドです。

また最後の核心の右手の中継ホールドも、つまむ程度のホールドの奥が指が入るポケットになっており、これも下からでは、見えず、分かりずらいです。
このポケットを使って、左手をリップにもっていけば、かなり楽になります。
自分のRP便のときは、このポケットの存在は知っていましたが、中継を取りに行く時点であまり余裕がなく、そこから、ポケットに指を差し込めず、気合で左足をあげて、左手でリップを取りにいきました。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください