【RP】品行方正 13A(鳳来)

2016/12/17(Sat)

鳳来
【ひょうたん岩】
『品行方正★★』(5.13A) ××(通算10便目)

要注意!ムーブの記載あり

土曜日にさいとーさんと鳳来へ。

さて、どこにいこうか?
自分は、ケレンジは、左膝痛のために、来年以降に持ち越しということ、さいとーさんも品行方正がやりたくてしょうがなかったらしくて、4月16日以来のトライをするべく、冬でも暖かいという噂のひょうたん岩へ行ってきました。
まぁとりあえず様子見という感じです。
7時ぐらいに出発。のんびりと。鳳来へは10時過ぎに到着。駐車場は、マバラで停めることはできたんだけど、え?ガラガラじゃないんだ・・・といった感じ。
後でFBで確認すると、ガンコ、パラダイス、鬼、ハイカラとまだまだ鳳来クライマーはいたようです。

相変わらずアプローチ10分のひょうたんは、楽ちんでしかも貸切!
そして陽が出てたら、品行方正、セーラー部分は明るくて、あったかそう!
ただビレイヤーは、陽が当たらず寒いので、防寒はしっかりとしていった方がいいですね。
あとアプローチの5.8?部分は陽が当たってないので、岩が冷たいので、この部分だけのためにも焼き石はあった方が良い感じです。

さいとーさんがアップ便でヌン掛けしてくれました。
————————————————–
セーラームーンパートで、6B(終了点含む)、品行方正パートで5B(終了点含む)。
品行方正としてみると全部で11B(終了点含む)
※ただし品行方正パートは、核心のところで1つだけお助け的なピトン?あり。

セーラーの核心は、5~6B。
品行方正としての核心は、全部で11B(終了点含む)とすると
5~6B、8~9、9~10、10~11!
全部の中で一番強度があるのが8~9かな?(クリップ含む)

強度的には、4~5Q、4Q、5Q、5Qな感じ。
ただし最後の核心は、よれてるとかなり悪く、ヒデさんも前回一緒に行ったときに(ディーバ13ABを2撃して、品行方正をOSトライしてからの4便目だったけども)最後の10~11Bの5Qの核心でフォールしてたぐらい悪い。
————————————————–
自分の1便目(アップ便)。
新しいテスタロッサの初外岩投入。現行のよりもハーフサイズ小さいんだけど、まだ馴染んでなかったようで、また冷たさもあり、終始、足先が異常に冷たくてまともにムーブが起こせなかった・・・。
ということもあるんだけど、まずセーラー部分でテンテン。
品行方正パートは、出だしの6~7B目も自分的には嫌らしいスタンスを使う部分がとても嫌いで、その先に進めずにアウトでした・・・。
前回は、ヒデさんのムーブを真似して出来ていたムーブもスタンスを忘れており、出来ず。
————————————————–
意外と寒くないんだけど、さいとーさんの怪我をしている右手の中指の調子じゃ、明日以降、品行方正は厳しいと判断して、とりあえず回収ということで、2便目を出しました。
さいとーさんは、セーラー部分の核心が出来ずに、そのままロワーダウンしたので、自分が上までいかないと・・・という感じでトライ。

セーラーパートだけでも再登を目指しましたが、身体が動かずに2テン。

品行方正パートの出だしの気持ち悪いムーブは、2回ぐらいやってたら、前にやったヒデさんのムーブに近いムーブでなんとか、こなすことができて、核心手前までいけて、核心パートの練習。
核心は過去に1度だけ出来ていて、嫌な感じの左手ポケットから、右手スローパー、右足ハイステップ、左手ガストンから、身体を上げて、右手スローパー(ピンチ)から、左手カチ、両足を整えて、右手をガバへバーン!(笑)
このムーブ、今回、2回目で出来た。右手のフリクションが良かったのもあるかもしれないけど、前回までは、両肩と右肘が痛かったってのもあるのかもしれない・・・。

その核心が終わってからもまだ2つの核心が待っている。
クリップをしてから、右面にトラバースする時のムーブで、ただここは、練習をすればさほど問題なくクリアできそう。
ポイントは、右足ヒールを信じることと、悪い両手マッチカチを素早くこなして、ガバへといけるか。

ガバは、両手ガバで、レスト。ここと、最終クリップ直下のガバでどれだけ休めるかがポイント。
最初の両手ガバで十分に休んで、少し右上して、最終クリップ直下のガバまで。
ここはどの手もガバガバだけど、少しだけ足が乏しくなる。

そして最終クリップをしてから、最後の核心。
終了点までは、今回作ったムーブだと9~10手。
最初の1~4手までが落ちれるポイント。4手目を抑えて、5手目を押さえたら、あとは、ガバガバなので、問題ないかな。ただハングを超えてのかなり足下に最終クリップなので、怖い怖い。
3手は、少しデッドっぽくなるんだけど、指が少しだけ、かかって、次の4手目が態勢が悪い中での、右手ガストンで3本の指が第一関節までかかるガバ。
今回やってみたけど、ここで落ちれる!
3手目のホールドも、右足をちゃんとスメアをした方が良さそう・・・。しないとほんとデッドになって、少しでもよれてると、落ちるだろうし、怖さで手が出ないかもしれない。
まぁここまでノーテンできていたら、手が出ないってのはあり得ないんだけど。

今回、久しぶりのトライの2便目で、テンテン(9~10テン)で、全部のムーブをずるすることなく、こなすことができたのが良かったです。

これからの課題は、とりあえずの品行方正パートの出だしのムーブをちゃんと確定させることと、核心手前のクリップからのムーブをこなすことかな。
もちろん核心の精度をあげていって、そこをこなしたら、最後まで繋げること。
こうみたら、えらくまだ程遠い気もするし、一気にいける気もする。
このルートは長いので、1テン地獄にはまらないようにしないと、モチベーションが保つのが難しいと思うので、それもポイント。

ケレンジの方が簡単な気がするな。
タイプが違う13A。両方とも、可能性は十分にあるので、タイミング次第では、ダブルゲットもあるかな?!
————————————————–
日曜日も鳳来の予定だったけど、さいとーさんの右指の状態が悪いので、無理をせず、この日は、2便で回収して撤収しました。
次の鳳来は、2月以降かな~。楽しみ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.