【未】花粉症ダイレクト5.12A(神戸の岩場)

2018/6/28(Thu)
神戸の岩場(秋川)
『花粉症ダイレクト★』(5.12A)×××(通算3便)

要注意!ムーブの記載あり

昨年の11月以来のカノトの岩場へ。
本当はカサメリに行ってNDDを初お触りをしようと思っていたんだけど、朝に雨が降ったらしくて中止してカノトへ。
りゅうちゃんと。

御前岩という選択肢もあったけど、りゅうちゃんは初カノトということで、岩場案内ということもあり、行きました。
暑いなか、到着・・・。がっつり染み出ししていました(笑)
まぁそうだよねぇ~。とりわけ、カラヤブリ、オトシブミ、御開帳のラインがガッツリと。
自分は花粉症ダイレクトかドボーン目当てだったんだけど、カラヤブリラインよりはマシに見える。

りゅうちゃんが、ガバ丸でアップ後、自分が花粉症と花粉症ダイレクトのヌン掛け。
1~2B、ここが濡れていると本当に怖い。
意外とシビアなホールドで、1B目は足下・・・。
昨年の11月に花粉症をトライしたときも濡れていて、怖い思いをしたんですよね。

危険なのでテンテンで。花粉症と花粉症ダイレクトの違いは、4B目をクリップした後で、花粉症は、右にいって、5B目をクリップ。6B目は共通。
花粉症ダイレクトは、4B目をクリップした後に左(直登)へいって5B目をクリップ。クリップホールドは悪くないです。
そこから6B目(共通)を目指して直登。
6B目からは終了点までないんだけど、花粉症は、左巻きにホールドが良い方へ。
花粉症ダイレクトは、直登!ホールドが乏しい~。

1便目はとりあえず、6B~終了点のムーブ構築に努めるも、むずかしい~。
目指すは花粉症でも目指すガバなんだろうけど、そこへのムーブが。
6B(最終クリップ)付近のアンダーとポケットを使って、左手ポジティブなインカットしてる下引きホールドを保持して、右手は少し遠い、ワイドピンチ(その右隣はえぐれている右手ガストンで持てるホールドあり)を取って、足をあげて、さらに右上のポケット?らしきホールドを目指すも、なんと全然持てないスプーンカットなホールドでした。
右手ワイドピンチから左手を極小サイドカチを取ろうとするも悪い・・・。
何回かやってロワーダウン。

りゅうちゃんの花粉症の1便目。テンテンながらも、トップアウト。
途中で降りたかったようだけど、トップアウトさせて(笑)

自分の2便目。
この便は、ブランクになっていた4~6Bのムーブの整理。
足が濡れているのでガバ足しか使えない。。。
5B目をクリップをした右手のガストンホールドから、リーチをめー一杯使った、左手でコルネの下部を摘まんで、足をあげて、右手をコルネピンチへデッド、そこから足をあげて、右手ガバホールドを掴んで、6B目をクリップ。そこからアンダーを使って、直登ラインへ。

6B~終了点へは、結局、右手ワイドピンチから、左手もワイドピンチでコルネを掴んで、足をあげて、自分のリーチでギリで、ガバホールドへ。
これであってるのかは分からない・・・。
左手ワイドピンチのコルネも花粉症のライン上にはあるけども、使わないので、使っても問題ないかなぁという自分の中で納得させました。
このムーブじゃないととてもじゃないけど12A(12Bはあると思うけど)のムーブではないしねぇ。

自分の3便目。
ムーブは全部できたのでRP便のつもりで・・・だけど1~2B目でやっぱりずっと濡れているホールドとスタンスでスリップして速攻でテンションを掛けてしまった~。。。
割り切って2便目で作った花粉症ダイレクト、オリジナルパートのムーブの練習。
なんとかできて回収もできたので、秋の宿題ですねぇ。
乾いていたら、1DayでRPできていたかもしれませんが~・・・。

カノトの岩場はやっぱり5月いっぱいが限界かもしれませんね。

PS この週末は、岩はカラカラに乾いていたそうです(笑)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください