れまんさる 11B(鳳来)

2019/11/12(Thu)
【まねき猫】
『れまんさる』(5.11B) MOS
『霧の中』(5.12C)×(トップアウトできず)

【奥の院】
『風はどこに?』(5.11A)MOS

要注意!ムーブの記載あり



ラオスツアーから帰っても腰の調子はイマイチ・・・。
痛いというのもあるけど、なんだか気持ち悪い感じ。
土日は二子に行きたかったけど日帰りメンバーが見つからずに月火と泊りで鳳来へ行くことに。
月曜日は雨の予報だったので二子へとも思っていたんだけど紆余曲折ありで鳳来へ。
さいとーさん、みほ、みーの4人で。

月曜日は午後から雨が降りましたが、火曜日は快晴!🌞

暖かい1日になりました。自分とみほは、まねき猫へ。
ひょうたん岩からさらに奥へ16分ちょっとかな?ずっと登りが続くので少し疲れました。
アプローチ的には、ひょうたん岩から徒歩12分ぐらいで日陰岩です。

日陰岩。
終始、日陰でした(笑)
どのルートも悪い!と聞いているのでトライせず。
日陰小僧はいつかやりたいかも。
でも寒そう。



日陰岩からさらに奥へ3分ぐらい進むと、奥の院。
日陰岩から上に登って4分ぐらい進むと、まねき猫です。


まねき猫でれまんさる11Bをみほと2人でトライ。
ボルト11本と長いルートです。
自分がマスタートライ。最初の1~2B目で自分の悪い癖が出て下の足からムーブを作ったため、悪いムーブでいってしまったよう。。。
なんとか出だしをクリアして上の方へ。
3~4B目は左の凹角に行くと楽みたい・・・だけど自分はマスタートライなのでボルトを目指して直登。
良いホールドが見つかって上部へ。
出だしこそ日陰だったけど4B目以降は陽がさんさん!暑い!けど滑る感じではないので、自分にとっては手はOKだったけど息があがります。
7B目からは7~8B目を結んで左からも右からも行けそうで悩んだけど、右から行きました。
右から行った方がその先にフレークドガバがあって後に構えるルーフの前に大レストができます。

8~9B目もフレークガバを使って快適に上へ。
10~11Bがルーフの中にあり残置ビナがあります。

10B目は下のガバからリーチを生かしてヌンチャクを掛けてから、またレスト。
ルーフ下でもガバでレストはできるけど、足が疲れてくる。。。
レストをしながら、ルーフの中のホールドを見て、ムーブを組み立てる。
リップに一番近い、右手で持つであろうガバらしきホールドを目指して手順を考えるも、その手前の左手が少し悪かったので、イメージをしていたムーブではなく、違うムーブで処理しました。
そのため、リップへはランジになり・・・ました。ランジ先がガバだったから止まって、11B目は身体に隠れるため、クリップをせずにマントルを返して終了点へ。
何とかOS。。。

ルーフの中のホールドとしては、
たしか、レストホールドの左手ドガバから右手のドガバがあり、次に2つほどポケットがあり、そして最後に右手で持つドガバがあり。
自分は真ん中の2つのホールドの左側を左手ガストンで入ろうとしたんだけど、それが悪くて(正解は2つのホールドの右側を左手かな)、
結局は、最初の右手のガバから、一番上の右手で持つホールドを左手で入って、真ん中のホールドを右手で持って、そこからリップへランジかな。

みほやさいとーさん、みーちゃんは、リップの一番近いところを右手で持つムーブでいったので、足は切れることなくリップを捉えていました。

11B目のクリップは余裕があればしても良いけど、余裕がなければ、飛ばしてマントルを返して終了点で良いかなと思います。

回収するときは、ルーフの中の残置ビナの10B目のビナにクライマー側のロープを通してロワーダウンをすると壁からあまり離れることなく回収ができます。


みほのれまんさる。
1便目は出だしでアウト、中間部でアウト、ルーフの下でナンテンかしたけどトップアウト。
2便目はRPできる感じで、レストも上手くいっていたのに、ルーフの中の処理を誤り・・・
自分と同じムーブになり手詰まりでテンション・・・。
残念なトライに。




さいとーさんもやってきてトライ。
危なげなくOS!


最後の最後にみーちゃんのトライ。
ぬんちゃく回収後だったので、マスタートライ。
軽々と上部まで。ルーフのところで、手順が分からないから、教えて!!!と叫んでいたけど、ガン無視してたら、普通にOS。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください