ミレー トリロジー35


ミレーのトリロジー35を購入しました。
流石のミレー、色使いとシルエットがお洒落です。



今まで使っていたクライミングザック、マムートのネオンギア45がバックルが破損したり、ジッパーがスムーズに動かなくなったりとへたってきたのでミレーのトリロジー35を使うことにしました。


このザックはクライミング用ということもあって、背面がグルリと開けることができてそこから荷室にアクセスができるので荷物を取り出しやすかったり、荷室にループが付いてるので、そこにヌンチャクやビレイデバイス、グローブなどを取り付けることができる、またチョークバック入れも付属していたり。

欠点としては外側にポールや三脚を取り付けるためのギアループがない・・・ということぐらい?
容量は45リットルとクライミングするためだけならOKな容量です。


今回のミレーのトリロジー35は容量は35リットル。
シルエット的に細見で、上から下にいくにしたがって細くなっています。
あとは荷室へは上からしかアクセスができません。
ポケットもマムートのザックに比べて数は一緒ですがポケットの大きさが若干、小さい気もします。
位置もマムートの場合は、トップの外側と内側。
ミレーの場合は、前面の上部の外側と内側にあります。

マムートにはなかった外側のギアループは豊富にあってアイスクライミングをする人のためのアックスホルダーもあったり。

まずはいつもクライミングの岩場に持って行っているものを入れ替えてみました。


ヌンチャクは23㎝が12本、17㎝が4本、40㎝ぐらいのヌンチャクが1本。
撮影ガジェット、着替え、シューズ1足、ティッシュやレンチなどの小物、ファーストエイド、テーピング、ハーネス、ビレイデバイス、ビレイグローブ、ビレイグラス、チョーク、液チョーを入れたバックetc

これに食糧と水が+されます。




外側に60mロープ、ゴリラポッド+雲台、マットを取り付けてみたら・・。
うーん、マットが大き過ぎですね。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください