与太郎5.11B(神戸の岩場)

2017/5/28(Sun)

神戸の岩場(秋川)
『ガバ丸』(5.10A)〇
『与太郎★』(5.11B)×RP(通算2便)
『御開帳★』(5.12A)××(通算2便)

要注意!ムーブの記載あり

日曜日は、3月20日ぶりのカノトの岩場へ
週末の雨でどれだけ影響があるか不安でしたが、2日目の岩場は近場が良いなぁということでカノトをチョイス。
土曜日に続けて、やまちゃん、やまちゃんの山岳会のお友達の、はるちゃん、きじー、むーちゃんの5人でいってきました。

先に神戸国際マス釣り場に来ていた友達情報によると、カノトは15人以上の人がいるらしい・・・から、障子岩にいきますとのこと。
自分たちは、予定通りにカノトへ。
岩場には10人ちょっとの人(すべて同じパーティーっぽい)でしたが、TRがずっと張られる訳でもなく目的のルートをトライすることが出来たので問題なしでした。
——————————————————————————-
今回の目的の御開帳のヌンチャクはかかってなかったけど、アップのガバ丸や、まだトライしていなかった、与太郎にはヌンチャクがかかっていたので、お借りできたので、良かった(笑)
アップでガバ丸を登った後に、与太郎をOSトライ。核心でアウトでした。核心も細かく、ウィリーで使う、ガバコルネを使ってトップアウト。

御開帳の1便目のあと、2便目。
核心のムーブは未解決だったけど、むーちゃんがウィリーを登った時に与太郎の核心のムーブの練習をして、これじゃない?というムーブを作ったので、それを聞いてからのトライ(汗)
—————————————–
与太郎の出だし~1クリップ目は、1B目の真下から直登する場合、ちょっと悪い左右のカチ(右手はサイドカチ、左手は下引きのカチピンチ?)から、右足は少し高めのコルネを押す感じでスタートします。
左足は良いスタンスがないので、地面から。

これが出来ない場合は、ボルトより少し左にいったところからスタートをすると両手ガバ、両足ガバからスタートが出来ます。
この出だしがグレードに関係するかどうかは微妙なところですが、直登はそこそこのボルダー力がないと出来ないと思います。
この悪い両手から、左手がガバまでは近いいので、もし取り損ねても、普通に地面に着地するだけなので怪我等はしないので、プリクリはしなくても大丈夫かな?
少し左からスタートするにしても、ガバが続くのでプリクリは必要ないかもしれないけど、自信のない人は、プリクリをお勧めします。
—————————————–
OSトライのときは、直登は、せずに左からスタートをしましたが、他のトライをしている男性陣はだいたい直登をしていたので、2便目は直登してみました。
何回かスタートを試みて、成功したのち、ガバを使って、ぐいぐい登っていきます。
2と3クリップ目で大レストが出来ます。
5クリップ目が最終クリップ。ここは、長ヌンがベスト。それでも女子は、クリップがきつそう。
最終クリップしてからが核心で、被ってるので、よれるんだけど、レストできるポイントはあるので、しっかりレストをして核心ムーブをこなして終了。
最後、悪いです。
ウィリーで使う大ガバコルネは使うと簡単になってしまうので、NGで良いかと。

自分のほかにトライしていた人は3人ぐらいいたけど、みんな核心でNGになっていました。
核心に入る手順も整理しておきたいところ・・・。
最終クリップしてから、レストポイントを見つけれるかどうかがポイントですね。

バブルスと同じグレードですが、バブルスの方が持久力が必要かも?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください