ホールド自作編その4

ホールド自作編その4です。
今回でとりあえず終了です。

シリコンで型ができたら、その型にレジンを流し込んで・・・できたものに木ネジの穴を開けて、裏面等の気になるところをヤスリ掛けをしたら完成です。

左画像のピンクっぽいポケット2つが自作ホールドです。


とりあえず今回が初めてだったけど何とか形にはなりましたが・・・
型のシリコンはぶっ壊れたので量産はできなくなりました。
シェイプはこの作ったホールドを使えばシリコンの型作りからできるとは思いますが、またシェイプから作ろうと思います。
ポケットもまだ欲しいし、カチやドガバなどのホールドも作ってみたいと思います🙌


レジンは有毒とのことで念のため防毒マスクを装着して作業をしました。


2液混合タイプで1:1で混ぜますが、着色をしたかったのでエポック社の顔料を使いました。
5~10パーセントの割合で顔料を入れるとのことだけど買ったのが15gのもの。これで600円弱。
ちゃんと10パーセントの割合で入れたら1本で足りなくなるのでケチって200gぐらいに対して5gしか入れませんでした。
案の定、失敗しましたが🙄


左のものと右のものを1:1で混ぜると120秒で固まり始めるので別々のカップで予め計量をしておいてから、あとから大き目のカップに注いでかき混ぜてからシリコンの型に流し込みます。

時間との勝負なのでタイマーをセットして作業をしました。

またシリコンの型はちゃんと傾きがない場所に置いて作業をしないと🆖


レジンを流し込んだ直後は赤色だったけど・・・


凝固し始めると色が白くなっていきました・・・そりゃー顔料をケチってますからね~。


シェイプ同様にシリコンが取れなくなったので・・・
破壊するしかなくなりました😱

今回のホールド2つ分で850gのシリコンを使用したのでこれ1回、2つのホールドを作るためにシリコンの型はめちゃくちゃ高くつきました。

またシリコンがうまく剥離しなかった理由としては、使ったシリコンに問題があったのでは?と思っています。
ここは要検討です。
単純な形状であればたぶん問題ないんだろうけど。

あとは剥離剤を使うとマシになるのかもしれませんが、表面のザラザラがなくなるのでは?と思っています。
ここもやってみないと分からないですね🙄


色は見事にピンク色!
豚🐷ホールドって言われてしまった~

木ネジの穴はシェイプの段階で作っておいたけどシリコンの型取りで塞がってしまったのでここも要検討🤔


ホールドができてから1つずつ穴あけをしていたらめちゃ効率が悪い。
販売するとなったらここも要検討しないといけないだろうけど、そうじゃなかったらホールドが完成してから穴あけでも良いかも。業者さんはどうしているのだろうか。
ボルト穴の場合は太いのでシリコンで型取りも残ると思いますが・・・。


さっそくホールドを壁に付けてみました。
自分でホールドを作ってまぶしていくんであれば、ボルトオンタイプじゃなくて木ネジタイプが良いのかもしれませんね~。

要検討ばかりですが、とりあえずホールド自作編は完了です!
DIY楽しいけど・・・今のままじゃ、コストが見合わないので日本のプライベートホールド屋さんで買った方が良いですね(笑)
自分で好きな形状が作れるのは楽しいんですけどね~。

4 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください