2019 ラオスツアー 費用について

今回のツアー費について
ざっくりとですが12泊13日で16万円ぐらいでした。
これはラオスのクライミングにしては高い方かと思います。
絶対にかかる航空券は出発地、航空会社、時期に左右される※と思いますが、節約できるお金は、どこに滞在するか?です。
GCHで滞在するのか、ターケークの街に滞在するのかによって宿泊代と岩場への移動代が変わってきます。
ご飯代はGCHで食べても街で食べてもそんなに変わらないと思います。
※航空券は、検索をすると1月中旬~だと36,000円ぐらい。
正月をまたぐと100,000円ぐらいになりました😱

10,000LAK(ラオスキープ)→約124円
100THB→約360円

航空券✈(往復)→56,657円
20キロの受託荷物費用(成田ードンムアン往復)→9,400円
20キロの受託荷物費用(ドンムアンーナコンパノム往復)→約4,800円
クワイエットゾーンへの座席変更費用(成田ードンムアン往復)→6,598円※必須ではない
クワイエットゾーンへの座席変更費用(ドンムアンーナコンパノム往復)→約1,200円※必須ではない
※航空券は検索した中で一番安いものでした。時期をずらせば、1万円高くなったり、1万円安くなったりと・・・
今回の荷物は15キロ+5キロ(機内持ち込み)ぐらいの荷物でした。
LCCなので受託荷物のお金は払う必要がありWEBチェックインの時に済ませておくのがベストで、空港で支払うとWEBチェックインの時よりも高額な費用を払う必要があるとかないとか・・・。
座席変更費用は必須ではありませんが、成田ードンムアンは飛行時間が6~7時間ということもあって、より快適なクワイエットゾーンへ変更しました。
エキストラチャージなのであえて選択する人もいなくて、行きも帰りも3列シートを1人占めでした。
ドンムアンーナコンパノムは1~1時間半なのであえてクワイエットゾーンにする必要もなかったかな~。
6時間ちょっとのフライトも苦でなかったら座席変更をする必要はないかと思います(自分も変更しなくても良かったかも?)

リムジンバス🚌 新百合ヶ丘ー成田空港(往復)→3,150円×2=6,300円

宿泊費
ナコンパノム宿泊→1,700円(ダルハ レノベテル ホテル)
ターケーク宿泊→37,405円(インティラターケーク)
※7泊はスタンダードダブルベッドで23,905円(1泊3,415円)
3泊はデラックスダブルベッドで約13,500円(1泊4,500円)
10泊ともスタンダードで良かったけど日程的に空いていなくて上記のような内訳になりました。
GCHに泊まるとシーズンにもよるけどドミトリー形式で800円~、バンガロー形式で1,600円(2名)~のようです。
※ターケーク宿泊でも、こぶゆいかたちが泊まったヴィラターケークの場合、1泊2,300円?ぐらい。
話によるとヴィラターケークでもかなり綺麗らしくてここで良かったんだけど、グーちゃんがインティラターケークが良いということでここになりました。
※ホテルは、ダブルベット仕様だったので基本は2名で泊まっての値段なのでカップルで行ったり、ダブルベットをシェアで良いならば、上記値段の半額でOKです。
GCHの宿泊もバンガロー形式であればダブルベットをシェアすればそこそこプライベートを確保できると思います。

滞在費(食費、街から岩場までの移動費、お土産、マッサージなど)
現地で3,400,000LAK(ラオスキープ)をATMで下しました。
手数料は80,000LAK(4回分、20,000LAK/1回)です。
またタイでの滞在費(食費、移動費など)は約8,00THBぐらい

①街から岩場への移動はGCHの親会社?GREEN DISCOVERYのチャーターを使いました。
ちょうどインティラターケークホテル内にブースがあり、ここを起点にラオスの大自然を回るツアーもやっていました。
1日拘束で250,000LAK(約3,100円)でした。
朝は8時にホテル、17時にGCHまで迎えに来て貰いました。
GCHへの途中で停まって貰って、SIMを買ったりお昼ご飯を買ったり、帰りにマーケットに寄って貰ったりしました。
GREEN DISCOVERYのブースでは英語が分かるスタッフがいますが、運転手はラオスの人で英語があまり通じなかったです。

上記金額は1つの車での代金なので人数が多いほどお得になります。今回は、2人なので1人頭1,550円です。
他の移動手段については別記事で。

②食費
ご飯は安く抑えようと思えば、1食200円以内
メコン川沿いのお洒落なレストランでビール飲んでたらふく食べて1人1,000円ぐらい。
ターケーク唯一の焼肉屋さんでたらふく食べてビール1本で、1人900円ぐらい。
朝ご飯はインティラターケークホテルに無料で付いていたけど他のお店で食べたら3~400円ぐらいの内容だと思います。
GCHのご飯も1食13,000LAK~33,000LAK。良く飲んだスイカシェイクは12,000LAK!(約150円)
ビアラオの大瓶はGCHでは12,000LAK!(約150円)
GCHのご飯は基本的に量が多くて、味はイマイチでした・・・。
パッタイとかも細いフォーで作っていたりご飯はベチャベチャだったり。
街の屋台では、米麺のスープがだいたい15,000LAK(約185円)
ナイトマーケットでは、生の米麺のフォーが絶品で滞在中3回も食べました。値段もなんと10,000LAK(約124円)
カオマンガイのタイ料理もありこれらも12,000LAK~(約150円)
ビアラオの330缶が10,000LAK、大瓶12,000LAKは相場かな。
街にある商店では少し安くて大瓶で10,000LAK、珍しいビアラオダークが8~9,000LAK
ホテルだと1.5~2倍ぐらいの値段でフランスのビールとかメキシコのコロナだと日本円で400~500円と高い。
地元のマーケットではフルーツも売っており、美味しいマンゴーが1キロで17,000LAK(約210円)
ツアー最後らへんに買った街中で売っているラオス風バケットサンド(カオチーサイクワン)が、中ぐらいの大きさ(これでもお腹いっぱい)で、8,000LAK(約100円)でした。ベトナムではバインミーといいますね!

GCHのお昼ご飯は、スイカシェイク+1品だったので、350円ぐらい。
レスト日の昼ご飯はこれにビアラオが追加されて~500円とかです。
夜ご飯は、ビアラオ+1~2品で、安くて300円~高くて~1,000円

インティラターケークホテルの近くにお洒落なケーキ屋さんもあります。お茶とケーキで1人35,000LAK(約430円)でした。

③お土産
日本へのお土産でバラマキのお菓子やラーメン買いました。
そこそこの量で53,000LAK(約650円)でした。

袋麺を10袋、ココナッツケーキとパンダンケーキ
ドリアンのウエハース



④マッサージ
ターケークの街にもマッサージ屋さんがあります。
自分は3軒見つけて、全部に入りました。
オイルマッサージが1時間、80,000LAK(約1,000円)~100,000LAK(約1,240円)
プラナンクラビとほぼ同じような金額。インティラターケークホテルから徒歩3分ぐらいのところが一番安かったです。
女の子はたぶんラオスの子で可愛い子が多かったです🙌

⑤岩場使用料
GCHの岩場の使用料が1人20,000LAK(約250円)かかります。
これは1日の使用料ではなくて、1回のツアーでのトータルでの金額です。

⑥トポ
GCHで売っています。130,000LAK(約1,600円)
7th EDITION(2018 Update2019)
ターケーク以外の岩場のトポも書いてありますが、いかせん遠いので行けないですね・・・。

⑦歯ブラシ歯磨き粉
日本から持っていかずに現地で購入しました。

近くの商店で13,000LAK(約160円)



⑧SIM
ターケークで購入しました。unitelのSIMです。
12GB、30日間有効。
プリペイド式でお店の女の子に設定をやって貰いました。

一枚ずつシリアルを入れて容量チャージしていきます。
12GB買いましたが、全く使わず、2Gも使いませんでした😱

値段はおそらくSIMが10,000LAK(約124円)
2G毎に20,000LAK(約250円)で合計130,000LAK(約1,600円)

ホテルではWifi(遅い)を使っていたし、岩場では電波なし、Wifiなしだったのでレスト日にしか使わなかったし、映画とかはiPadに事前にダウンロードをしていったものを見ていたのでほとんどパケット消費がなかったです。
ターケークの街中では4Gで繋がっていて速かったです。

タイに戻った時は、電波がなくなったので、SIMはナコンパノムとかドンムアンでラオスでも繋がるものを買った方が良いかもしれません。。。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください