カテゴリー: その他

ホールド自作編その4

ホールド自作編その4です。
今回でとりあえず終了です。

シリコンで型ができたら、その型にレジンを流し込んで・・・できたものに木ネジの穴を開けて、裏面等の気になるところをヤスリ掛けをしたら完成です。

左画像のピンクっぽいポケット2つが自作ホールドです。


とりあえず今回が初めてだったけど何とか形にはなりましたが・・・
型のシリコンはぶっ壊れたので量産はできなくなりました。
シェイプはこの作ったホールドを使えばシリコンの型作りからできるとは思いますが、またシェイプから作ろうと思います。
ポケットもまだ欲しいし、カチやドガバなどのホールドも作ってみたいと思います🙌

(さらに…)

ホールド自作編その3

ホールド自作編その3です。

シェイプができたら次はシリコンで型取りです。

自分は今回、左のシリコンを使ったのですが、、、最終的に失敗(型が再利用できなくなった)しました。
しかもこのシリコンは高い~・・・。

(さらに…)

ホールド自作編その2

ホールド自作その2です。

①シェイプする(原型作り)
硬質発泡ウレタンを使いました。
手持ちの木工用道具を使ってシェイプしていけば良いと思います。
どんなホールドが必要か、どんなホールドを作りたいか、または今ある有名メーカーのホールドの参考にしても良いと思います🤔

ボルト穴止めにするか木ネジ止めにするかでも多少、シェイプに関係してきそうです。

自分はポケットが欲しかったのでポケットを作ることにしました。
(さらに…)

ホールド自作編その1

クライミングウォールを作っていた時からホールドも作ってみたいな(DIY的に)と思ってこちらも情報収集をしていました。

ググると日本でDIYで作っている人もいて、もちろん海外でも。
Youtubeでも出てきますね📹

ホールドを作る手順としては次の手順が普通なのかな?
①シェイプする(原型作り)
※材料は硬質発泡ウレタンが最適なようです。
↑某ホールドメーカーさんに直接アドバイスを頂きました🤩
※他にはフローラルフォームの例もあるけどシリコンで型を取るときに難ありとのこと😔
②シリコンで型を作る
③キャストする
※レジン(ポリウレタン樹脂)をシリコン型に流し込む
(さらに…)

クライミングウォール作成その2


←メイン壁とサブ壁の垂木を入れた状態。
合板も仮で置いた状態です。

ウォールの枠組みを単管パイプで作った後は垂木を入れます。

メインの120°壁(実際には116°ぐらいでした)と100°壁、あとはルーフに垂木を入れていきます。
垂木の間隔は色々と調べると450㎜スパンだったり、910㎜スパンだったりして良く分からなかったけどだいたい450㎜スパンになるようにしました。
ここは鉄骨があったりしてきちんと450㎜スパンにはならなかったのですが。

(さらに…)

クライミングウォール作成その1

トレーニングスペースを作っている時からこのスペースにウォールを作ろうと思って色々とネットを徘徊したりTwitterでアドバイスを貰ったり自分の仕事用の3DCGソフトを使ってシミュレーションをしていました。


5月中の完成をと思っていましたが仕事の合間にやっていたら(ほぼ)完成は6月7日になりました。
失敗した点も多々あったけどまぁプロの仕事ではないDIYレベルでは良い感じになったんじゃないかな?!と思います🙄

備忘録として残しておきます。

(さらに…)

トレーニングスペースその2

 もうだいぶ過去の話になってしまいました。。。
トレーニングスペースにトレーニング機器は設置しましたが、自分にとっては負荷が高過ぎました!
というのも、左手首はずっと痛いし、両肘も痛いしわで設置をしたにも関わらず満足にトレーニングができていません。
ま、そもそもこういったトレーニングは好きではないのです😅


しかも小さいクライミングウォールを作ろうとしているので設置したトレーニング器具は別の場所へ移設and縮小します🙄
ビーストメーカー1000はいらなくなりそうです。というか置く場所がない!😣

こんな感じでトレーニングスペースを作ったはいいけど、あまり活用していませんが、備忘録として残しておきます💡
(さらに…)