2019 ラオスツアー ターケーク⇔GHCについて

ターケーク⇔GHCの移動手段として今回は車をチャーターしましたが、他の移動手段としてはトゥクトゥクもあります。
ただ往復だとあまり値段は変わらないかもしれないし、トゥクトゥクをGHCに呼ぶ手段も不明。

レンタルバイク(原付やオフロードバイクなど)もあるけど、1日、80,000~100,000LAK(約1,000~1,240円)ぐらいとのこと。
パートナーの希望でターケークの街から岩場があるGCHまでは当初はレンタカーで考えていたけど、ホテルの近くのレンタカー屋さんに聞くと凄く高かったので断念😱
(レンタカー屋さんの値段は以前パートナーがここに来たときに聞いた値段が聞き間違えだったのかも?)GCHの親会社?のGREEN DISCOVERYのチャーターは、1日拘束で250,000LAK(約3,100円)でした。
ちょうどインティラターケークホテル内にブースがあったのでそこで色々と聞いてチャーターに決めました。
朝は8時にホテル、17時にGCHまで迎えに来て貰いましたが、だいたいその時間の30分前には待っていてくれました。
GCHへの途中で停まって、SIMを買ったりお昼ご飯を買ったり、帰りにマーケットに寄って貰ったりもできます。
GREEN DISCOVERYのブースでは英語が分かるスタッフがいますが、運転手はラオスの人で英語があまり通じなかったです。

上記金額は1台の車の代金なので人数が多いほどお得になります。
今回は、2人なので1人頭1,550円です。
6人ぐらいは乗れるバンだったので4人で乗ったら確実に一番安い選択肢になると思います🙌
1日拘束なので観光地巡りもできたとは思います。

ターケーク⇔GHCの移動手段のレンタルバイクですが、今回のパートナーが、ギリシャのカリムノスのレンタルバイクで怪我をしたというのもあって今回はナシになりました。
自分は前にバイクに乗っていたこともありレンタルバイクでも良いかなと思っていたのですが、実際の道は以前(2年前?)よりは少しマシになっていたようですが、それでも郊外では舗装はされておらず、またバンや大型のトラックがなかなかのスピードで走っていました。
それに荷物を背負って岩場に通うということを考えると、、、
過去に大型バイク~原付に乗っていた自分でさえ、怖いなぁと思うぐらいなのでレンタルバイクじゃなくて良かったです👌
ラオスで怪我をするとタイに空輸されての治療になるらしくてそのことも考えると、リスクはなるべく避けたいところです😣

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください