生と死の分岐点12B(城山) 3Days

2015/3/21(Sat)
城山
【チューブロック】
『ストーンフリー★』(5.10C) 〇

【チューブロック】
『生と死の分岐点★★★』(5.12B) ×(通算6便目)
『生と死の分岐点★★★』(5.12B) ×(通算7便目)
『生と死の分岐点★★★』(5.12B) RP(通算8便目)外岩グレード更新!

要注意!ムーブの記載あり
先週に引き続いて城山へ
自宅を出るときは曇りのちポツポツの雨でした。昨日の時点での天気予報は、静岡も曇りだったのですが、雨に変わってる~。
ただ、とりあえず行ってみよう~ということになって現地へ。

東名が渋滞しており岩場の駐車場には9時半過ぎに到着。
チューブロックへのアプローチも若干、濡れていましたが、生と死のルートは濡れていませんでした。
アップでストーンフリー。終了点が少し濡れていました。

生と死の分岐点は、別パーティーがヌンチャクを掛けてくれたので、いきなりRPトライになります。
一度、鉄兵ちゃんのトライするフェイトを見にいくと別パーティーが取りつき始めており、ヌンチャクを借りることに。

城山2回目でチューブロックは初のI藤くんのストーンフリーのトライの後に自分が生と死をトライ。前回作ったムーブがちゃんと出来れば、1便目でRPはできる!と思い取りつきましたが、核心の右手ポケットが思いのほか持てず、左手ガストンを初めて取り損なって、テンション。
テンションをしたのは、しょうがない・・・ということで、そこから前回作ったムーブを試してみると一発でトップアウトできました。やはり間違ってなかった~ということで、2便目以降に持ち越し。
—————————————–
I藤くんもストーンフリーを2便目でRP。外岩初10Cです。

鉄兵ちゃんのフェイトのRPトライは、惜しくも1テン。
最後のムーブは自分と同じムーブで構築。
—————————————–
自分の2便目のトライ、もちろんRPする気まんまん。
核心も無事に超えるも、あいにくの曇り天気で、風が冷たいうえに岩自体が冷たい。
指がかかるガバなのにどんどん指の感覚がなくなっていく。
ポケットを2~3回持ち直す箇所もでてきて、それもあって徐々にパンプしていく。
自分的には、4ピン目を掛けれたら、もう終了と思っていたのにこれは予想外の展開。
5ピン目を掛けたら、あとは終了点だけなんだけど、そのムーブが若干、嫌らしいムーブ。
右手の甘いホールドを保持をして、足を高くあげて左手を高くバランシーにあげてカチを取りに行くのだけど、右手を何回持ち直しても、今までの使っていたホールドじゃない感覚に・・・
粘ったけども、フォール・・・まじか・・・もう嫌だぁ~の2便目でした。
—————————————–
鉄兵ちゃんの2便目。なんと、ヌンチャクが回収されていました。
マスタートライになります。核心のヌンチャク掛けは命取りなので、工夫を凝らして、ヌンチャクをハンガーに掛けると同時にクリップも出来てる状態にして、トライ。
下部は問題なく通過、核心手前のレストも十分からのクリップ~核心ムーブ。
ヌンチャクをハンガーに掛けるのを少し手こずる・・・そして核心ムーブなんだけど、惜しくも足順を間違えて、手が出ずフォール。
3便目のことを考えて、ここでロワーダウン。
—————————————–
自分の3便目。午後15時半過ぎ
生と死を同様にトライをしているビックロックの常連さんが岩の状態が良いことを聞きました。
時間的には、あと2便しか出せないなぁと思いつつトライ。
核心の右ポケットが持てる!左手ガストンも今まで一番良い感じで取れた。
2便目で冷たかったホールドがちゃんと持てる~。
ということで、危なげなくRPできました。
2年前のトライを入れると通算8便目でRP。
これが12Bあるかと言われると、良く分からない・・・。ただ自分の肉体的な力からいうと、今年トライを再開し始めて、1Dayでまとめないといけないルートだったかなと。

DCIM101GOPRO
↑核心を抜けたあとも気が抜けない

感想としては、核心が5級ぐらいで、その後6級のムーブが1~2個ある感じです。
とりあえず宿題にならずにすんでホットしました。


—————————————–
鉄兵ちゃんのフェイトも3便目で無事にRP!ナイストライでした。
DSC00512
1便目のトライ。

DSC00526
この日3便目、通算5便目でRP!

I藤くんは、ミウラー11Aにトライをしましたが、2便だしてトップアウトできず。
次回への宿題ですね。

2 Comments

tsuyoshi74climb にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください